So-net無料ブログ作成

セイフ ヘイヴン [映画(さ)行]

SAFE HAVEN.jpg
満足度 ★★★☆

ワケありのヒロインが逃避行の途中ふと立ち寄った街で恋におち、新しい人生を見つけてゆくお話です。内外のレヴューで酷評されているようですが、私はそれほど悪くはなかったと思います。

なぜなら、ラブストーリーに必要な三要素をちゃんと満たしているからです。その三要素とは、①ヒロインが美しくて相手役もイケメンなこと、②背景となる映像がきれいなこと、③音楽が素敵なこと、です。この作品はその点で何ら不足を感じません。

おそらく、サスペンス的な要素を織り込み過ぎ、最後にファンタジックな仕掛けを用意したことが、ストーリー重視の映画ファンには、あざといと受け取られてしまったのかもしれません。映画というものは、脚本、演技、映像、音楽の総合芸術なので、そのどれを重視するかで評価が分かれて当然です。

私は、音楽を重視するタイプなので、この作品を充分楽しめました。
なにせ、オープニングがトリスタン・プリティマンの "Say Anything"、クロージングがコルビー・キャレイの "We Both Know" でしたから。

Tristan Prettyman "Say Anything"

COLBIE CAILLAT ft GAVIN DECRAW ”We Both Know”


ひとつ不満があるとすれば、せっかく唄って踊れるジュリアン・ハフをヒロインに起用したのに、最後まで唄もダンスも披露させなかったことでしょうか。いっそセリフまわしもミュージカル仕立てにすればよかったのに、なんて考えましたが、それじゃまるで「マンマ・ミーア!」になっちまいますかね?



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ← よろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。