So-net無料ブログ作成
検索選択

おおさか街歩き   @晴明通り [日記]

天王寺七坂めぐりが思いのほか早く終わったので、阿部野に移動しました。稀代の陰陽師 安倍晴明ゆかりの地です。

実は一つの目的がありました。昨年亡くなった正やん(桑名正博さん)の生まれ育った土地がどんなところか、ひと目見ておきたかったのです。

天王寺から「チン電」こと阪堺電車に乗り、東天下茶屋を目指します。
「てんかぢゃや」ではなく「てんがちゃや」、濁音の付き方がちょっと変。
江戸っ子が「あさひしんぶん」を「あさしひんぶん」と言うようなものでしょうか。
IMG_0271.JPG
線路に生えたペンペン草と派手なラッピングのレトロな電車がツボです。
向こうに見える あべのハルカスの異様な高さとのコントラストも面白い。
IMG_0269.JPG
駅を降りると昭和レトロな玉突屋さんの残滓が。
IMG_0272.JPG
せっかくだから少し戻って安倍晴明神社を訪ねておきます。
IMG_0282.JPG
あらら、この道は熊野街道(紀州街道)でしたか。
IMG_0277.JPG
歴史ある街道沿いだけあって、立派な旧家があちこちにあります。
商家によくある「うだつ」を模した装飾塀を持つ家。
IMG_0290.JPG
また東天下茶屋に戻り、晴明通りを西に向かって歩きます。
この辺りも古い街並みのようで、贅を尽くした豪邸があちこちに。
IMG_0292.JPG
ファサードに銅板を張るのが大阪の豪邸によくあるパターンです。
IMG_0299.JPG
この家なんか、雨戸の戸袋に銅板細工を施してあります。粋ですね。

さて、①晴明通り沿い②700坪の敷地③今はマンションが建っている、という3つの手がかりから、正やんの生家跡を捜していると、どうやらここらしいという場所が確定できました。
IMG_0303.JPG
IMG_0308.JPG
桑名家のものだった(?)門と日本庭園がそのまま残されているようです。
少し引いて見ると、いかに広大な敷地であったかかがよくわかります。
谷村新司さんがアリスとしてデビューする前、正やんの実家の蔵でメンバーと共に練習を重ねたというのは有名な話です。かつて谷村さんもここに通ってきていたのでしょうか。

さらに西へ歩くと、正やん行きつけの蕎麦屋さんがありました。どってことない普通の店ですが、藤山寛美さんや京 唄子さんも常連だったそうです。冷やしうどんを食べてみましたが、いたって普通でした。
IMG_0313.JPG
聖天坂から再びチン電に乗って天王寺に帰りました。
IMG_0315.JPG

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

おおさか街歩き   @天王寺七坂 [日記]

天王寺七坂を歩いてきました。

まず、大阪平野の真ん中にどうしてそんなにたくさんの坂があるのかということについて勉強しておかなくてはなりません。

太古の昔、大阪にはまだ平野は存在せず、上町台地という南北に細長い陸地があるだけでした。
縄文時代の大阪.jpg
少し拡大して史跡をプロットすると、こんな感じです。
縄文時代の大阪2.jpg
その後、長い年月を経て土砂が堆積し現在の大阪平野が形作られ、上町台地エリアは海に浮かぶ戦艦のごとく高台として残りました。かつては断崖であった西の端にできた坂道が天王寺七坂となったわけです。
上町台地エリア.jpg

七坂めぐりは まず真言坂(しんごんざか)から。
SHINGON.JPG
向こうに見えるのは「いくたまさん」こと生國魂神社。明治の廃仏毀釈で取り壊されるまで、この坂には真言宗の寺が六坊あったということです。地味ですが何となく落ち着いた雰囲気があります。

二番目は源聖寺坂(げんしょうじざか)。上り口にある源聖寺にちなんでいます。ずっと石畳で、途中がS字になっており、七坂のうちでもユニークな形の坂です。
GENSHOJI.JPG
えっと… なまたま…   じゃなくて「いくたま」ですかい。
隣は…  しもでら…   じゃなくて「したでら」ですかい。
あまのじゃくか!
PLATE.JPG
三番目は口縄坂(くちなわざか)。最初は平坦ですが、途中から急な昇りになります。下から見ると口縄(蛇のこと)に見えることに由来しているようです。七坂のうちで最も絵になる坂です。
KUCHINAWA.JPG
四番目は愛染坂(あいぜんざか)。坂の上に愛染堂勝鬘院というド派手なお寺があります。現在はコンクリート舗装されていて、まったく趣のない坂です。上り口を真っすぐ進むと大江神社の急階段があるので、その迂回路として使われていたのかもしれません。
AIZEN.JPG
五番目は清水坂(きよみずざか)。清水寺につながる坂です。名前の通り、かつてこの辺りにはきれいな湧水があちこちにあったようですが、地下鉄谷町線がその地下水脈を分断してしまったようで、今は枯れています。
KIYOMIZU.JPG
六番目は天神坂(てんじんざか)。上り口に安居天神があります。この坂は車が入れるようです。天王寺七名泉と呼ばれた湧水の様子が再現されています。
TENJIN.JPG
広い道に出ました。最後の逢坂(おうさか)は、国道25号線になっていて、ものすごい交通量。いきなり現実に引き戻されてしまう感じです。
OSAKA.JPG

今回歩いた足跡をプロットしてみました。
TRAIL1.jpg
TRAIL2.jpg

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

FOUR [映画(は)行]

FOUR.jpg
満足度 ★

また つまらぬものを観てしまった。

ちなみに…

この方は出演しておりません。

レイザーラモンHG.jpg

いっそ 出てくれても良かったような気もしますが…

出演者が4人なので「FOUR」、タイトルも安直です。
出演者が3人だった「アリス・クリードの失踪」の方が何百倍も面白い。

女は誰でも峰不二子の素質を持っている、ということでしょうか?(謎)

「レザボア・ドッグズ」のマイケル・マドセンのくだりが少しだけ面白かったので★1つ。



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ← よろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村
タグ:four
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。