So-net無料ブログ作成
検索選択
映画(あ)行 ブログトップ
前の10件 | -

ある精肉店のはなし [映画(あ)行]

T0018477p.jpg
満足度 ★★★★

スーパーマーケットに並んでいる肉のパックを見て、私たちはそれを誰がどのようにして準備してくれているのか、ほとんど考えることはないと思います。またそれは単なる「食材」ではなくて、もともとは一つの「いのち」であったことに、思いをはせることも滅多にないかもしれません。

この映画は、「いのち」が「食材」となるまでの、とても貴重な記録です。

舞台は大阪府貝塚市、七代にわたって屠畜に携わってきたある家族の日常に密着したドキュメンタリーです。七代前ということは江戸時代、動物を「四つ足」と呼び、その肉を食べることを忌み嫌っていた時代です。

農耕や運搬に使われ使命を終えた牛馬を解体処理するという、誰もがやりたがらない仕事は、被差別部落の住民に押し付けられてきました。彼らの住む地区はかつて岸和田藩の一部で、藩から代々屠畜の仕事を命じられてきたのです。だから、この映画を観て最初に思ったのは、よく彼らが出演を承諾してくれたなということでした。

彼らは現在まで昔ながらの方法で牛肉を提供してきました。つまり、仔牛から育て成牛になったら自分たちの手で屠殺し、パーツに切り分けて売るのです。器械を使うのは脊椎を二分して枝肉に分ける時のみ、それ以外はすべてナイフによる手作業です。しかしそういうやり方をするのはもう彼らだけとなり、長年使ってきた市の屠殺場が閉鎖されることになりました。自分たちが先祖代々受け継いできた仕事が無くなる前にそれを記録に残しておきたいという気持ちが、この作品となって結実したのでしょう。

手作業で肉を切り分けてゆく作業は、芸術的ですらあります。傷つけないよう細心の注意を払って剥がされた皮は、すぐに塩漬けされ、最終的には だんじり祭りで使う太鼓に張られます。肉と内臓は食用に供され、脂肪は石鹸などの原料となります。いのちと真っ直ぐに向き合い何も粗末にしない姿勢は、画面を通しても伝わって来ます。

生きてゆくことは、「命をいただく」ことです。あらゆることが分業化された現代においては、自分で狩りをしなくても、誰かが動物を捕まえて殺し、さばいて食べやすいようにしてくれているのが当たり前ですから、ついそれを忘れがちですが、食材の背後には いのちと向き合っている人々が居ることを、この映画は気付かせてくれます。

食は文化でもあります。何を食べ、何を食べないかは宗教ともつながっています。私たち日本人は昔から鯨を食し、肉以外の部分も余すことなく利用してきましたが、近年は鯨を食べる習慣のない民族から理不尽な非難を浴びています。

彼らの言う「クジラやイルカは知能が高いから、それを食べたりするのは野蛮」という理屈には、白人優位主義が見え隠れします。「ウシやブタは知能が低いから食べてもよい」という言い草の裏には、「有色人種は白人より劣っているから滅んでしまえばよい」という潜在意識がありそうです。知能の高低で命の重さに差があるなんていう理屈は、どう考えてもおかしいでしょう。どんな命も等しく貴重なのです。

命をいただくことに関して様々なことを考えさせられた作品でした。



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ← よろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

オンリー・ゴッド [映画(あ)行]

オンリー・ゴッド.jpg
満足度 ★★

久々に地雷を踏んでしまいました。こりゃダメだわ~。

独特の色彩感覚、独自の世界観は認めますけどね、ちょっとやり過ぎです。限度を超えたら、もうギャグにしかなりません。赤と青の世界は、このポスターを連想させます。
TTH.jpg
今が旬のライアン・ゴズリング、相変わらずスタイリッシュですが、今回ばかりは影が薄いです。なぜなら、強烈は個性を放つ刺客が登場したからです。
Chang.jpg
このパワフル・オヤジに、主役のライアンは完全に食われてます。もしかしたら彼こそが主役だったのかもしれません。背中に仕込んだ蛮刀で悪い奴らを退治し、片付いたら部下たちの前でカラオケを披露するのがお約束という、憎めないキャラです。タイ版「マチェーテ」として、ぜひともスピンオフを作ってもらいたいものです。
MACHETE.jpg
そしてもうひとり、彼と対峙する麻薬密売組織のゴッドマザーを演じる、クリスティン・スコット・トーマスの極悪非道なキレっぷりが凄まじいです。彼女の口から発せられるダーティーな言葉の機関銃は、これまで観てきたどんな映画のそれをも凌駕していて、唖然とさせられます。「サラの鍵」のジュリアと同じ人だとは、とても思えません。

ナイスキャラのお二人に★一つずつ、でも映画としてはサッパリです。奇をてらっただけの自己満足で終わっているとしか思えません。日本映画に対するオマージュと受け取れば、少しは嬉しいのですけれど。
jingi164.jpg
刀で腕をバッツンするのは、この映画へのオマージュではないかと。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ← よろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

エリジウム [映画(あ)行]

Elysium.jpg
満足度 ★☆

こりゃまた雑な映画ですね~。設定は面白いのですが、ストーリーのツメが甘く、内容はスッカスカです。CGにはお金をかけてあるので、画の美しさを楽しむ分にはいいかもしれませんが。

近未来の地球、人口の爆発的増加とともに環境汚染が進行し、超富裕層はスペースコロニーを建設して宇宙に移り住んでいるという設定。

超富裕層の各家庭には治療器があり、どんな病気もその装置で全身をスキャンするだけでたちどころに治ります。爆弾で顔面吹き飛ばされても、脳さえ生きていればハイ元通り。・・・って、あり得んわい!

地上で暮らす貧困層の住民は、病気になると違法なスペースシャトルをチャーターして「上」に行き、超富裕層の市民に成りすまして治療を受けようとしますが、無重力空間に行くのにシートベルトはしていないし、飲んでた酒瓶が船内にプ~カプカ。・・・って危ないわい!

スペースコロニーにはドームもなく、むき出しなので上から侵入し放題、なのに迎撃システムがありません。敵に襲われたら、地球に居る攻撃要員が手持ちのロケットランチャーからミサイルを発射して撃墜します。・・・って、間に合うか~い!

主人公はロボットを作る工場で働いています。組み立ての途中でなぜか放射線照射をするのですが、その意味が分からないし、照射後はまた普通の生産ラインに戻して防護服も着ないで触っています。その作業中に事故があり、致死量の放射線を浴びたので、治療器のあるエリジウムに侵入しようとします。

放射線でダメージを受けたDNAは、絶対に修復不可能ですぜ。もしも治せるとしたら、そりゃもう神の領域ですがな。いくらサイエンス・フィクション(最近はサイエンス・ファンタジーって言うらしい)とはいえ、設定に無理があり過ぎて、ストーリーに入り込めませんでした。

もう一度中学校の理科から勉強しなおしてくださいな。



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ← よろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

偽りなき者 [映画(あ)行]

偽りなき者.jpg
満足度 ★★★

後味の悪い映画を作らせたら唯一無二のラース・フォン・トリアーを生んだ国から、また新たな刺客が送り込まれてきました。と思ったら、「光のほうへ」と同じ監督でした。前作も思いっきりダークでへヴィーでしたが、今作はそれをさらに上回る重さでした。

デンマークの山の中にある小さな村。住人は誰もが知り合い同士で、家の鍵をなくしても隣の家に行けば隣人がカギを預かってくれているような、とても親密な関係が成り立っています。

勤めていた小学校が閉校になったため、村の保育園で男性保育士として働いているルーカス。親友テオの娘クララは、普通の子とはちょっと違う感受性を持つ子ですが、そんなルーカスのことが大好きです。

ある日、クララは手作りのプレゼントをルーカスに手渡し、おふざけでキスをします。彼に喜んでもらえると思ったのに、「プレゼントは男の子にあげるんだ、それから唇にキスはダメだ。」と逆にたしなめられてしまいます。

どんなに幼くてもクララは女性、恋心を傷つけられると逆ギレしてしまうんですねえ。園長先生に「ルーカスったら、いやらしいことをするの。」と嘘の告げ口をしてしまいます。ひえ~恐ろしい~!

園長先生のその後の暴走ぶりが凄まじいです。ルーカスが否定しても、「子どもが嘘をつくはずはないわ。」と耳を傾けようとしません。そのうち住民たちも同調しはじめ、小さな村は集団ヒステリー状態に。

観ていてヒヤヒヤします。村の男たちは成人すると誰もが銃を贈られ、狩りをして獲物を皆と分かちあうことが通過儀礼になっているような所ですから、誰かが怒りにまかせてルーカスを撃ってしまえば、真相は永遠に闇の中です。いつそうなるかと気が気ではありませんでした。

ルーカスを演じたデンマークのハリソン・フォード、マッツ・ミケルセンがとても魅力的でした。「それでもボクはやっていない」によく似たシチュエーションですが、弁護士はつかず味方は友人一人だけという極端に援軍の少ない状況で、しかも争う相手は幼い子どもという設定は、本当に辛いものがありました。しばらく幼い女の子を見ると寒気を感じるほど、トラウマを残す作品でした。



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ← よろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ある殺人に関するテーゼ [映画(あ)行]

Thesis.jpg
満足度 ★★★★

アルゼンチンの市村正親、リカルド・ダリンの最新主演作です。「瞳の奥の秘密」のリカルドが主演とあれば、観ないわけにはいきません。

元弁護士で、今はブエノスアイレスのロースクールで教鞭をとっているロベルトのゼミに、かつての親友の息子ゴンサロが受講生としてやってきます。なぜかロベルトに対して挑発的な態度をとってくるゴンサロに心を乱されはじめた頃、学校の構内で若い女性のレイプ殺人事件が発生します。

ゴンサロの言動や態度から、彼が犯人で事件は自分に対する挑戦なのではないかと感じたロベルトは、独自に捜査を開始します。

ロベルトは法律家としては卓越していても、人間的には立派とは言えない存在として描かれています。女性関係にだらしなく、離婚も彼の浮気が原因のようです。そのくせ別れた奥さんにまだ未練があって、留守電の奥さんの声もそのままだったり、真夜中に電話してみたり。

ゴンサロの出現に動揺するのにも訳がありそうです。つまり、かつての親友の奥さんと不倫関係があり、もしかしたらゴンサロの実の父親はロベルトなのではないか、という可能性も示唆されます。

物語は、ロベルトから見たらゴンサロが犯人、でも客観的に見たら単なる偶然の一致かもしれない、という二つの可能性を保持したまま進行してゆきます。酒に溺れた生活を続けているロベルトの妄想も入ってくるので、どこまでが現実なのかさえわからなくなってきます。

最終的な判断は観客に委ねられ、実に悩ましいエンディングです。「有罪か無罪かを決めるのはディテイル(細部)であり、それが偶然なのかどうかをじっくり見極める必要がある。」と講義していたロベルトの言葉が重くのしかかります。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ← よろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

アイアン・スカイ [映画(あ)行]

IRON SKY.jpg
満足度 ★★★★★

期待にたがわず総統に、いや相当に面白いです。

第二次世界大戦で敗退したナチスの残党が、実はこっそり月に逃げていて、月の裏側に巨大な秘密基地を建設しており、地球征服を目論んで攻めてくるという話。

アポロ11号が人類史上初めて月面着陸したのが1969年なのに、その24年も前にナチスが人間や資材を月まで大量輸送できたのか?などと、無粋なツッコミはしないで、素直に楽しみましょう。これは荒唐無稽な発想を楽しむ作品なのです。

月面ナチス帝国の総統を演ずるのは怪優ウド・キアーです。
「悪魔のはらわた」のフランケンシュタイン博士で強烈な印象を残し、その後も「サスペリア」やラース・フォン・トリアー監督作品で存在感抜群の演技を見せているクセ者。マッド・サイエンティストや独裁者を演ずるのにピッタリですね。

ツェッペリン型の宇宙船(カッコいいんですよね、これが)で攻撃してくるナチスどもを迎え撃つ地球軍を率いるのは、共和党タカ派サラ・ペイリンそっくりのアメリカ大統領。このあたり風刺が効いてて笑えます。

彼女はアメリカ初の女性大統領なんですが、近いうちに再選をひかえており、そのキャンペーンの一環として初めて黒人宇宙飛行士を月に送るというミエミエなパフォーマンスをします。わざわざ宇宙服も黒くして、というブラックな(黒人だけに)ジョークを忘れないところもポイント高いです。

また、大統領の広報官が自分の意に沿わない部下たちを叱責罵倒するシーンは、「ヒトラー ~最期の12日間~」で総統が将校たちを集めて叱責罵倒するシーンのパロディになっていて、かなり可笑しいです。

「ヒトラー…」のシーンは、あちこちの動画サイトでパロディーや空耳の対象となってイジられています。空耳動画で最高に面白いのがこれ。

よくできてますよねえ。これ作った人、尊敬します。

総統の飼い犬となっているリヒター博士を見ながら、「ヤング・フランケンシュタイン」のジーン・ワイルダーを思い出しました。

様々な作品に対するオマージュあり、世界政治に対する風刺ありで、フィンランド映画だからこそここまで遠慮なく描けたのだろうと思います。今の北欧の映画界の勢いを感じさせる素晴らしい作品でした。



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ← よろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村
nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

愛のために死す [映画(あ)行]

To Die Of Love.jpg
満足度 ★★

1968年のフランスで実際にあった、高校の女性教師と男子生徒との恋愛事件をモデルにした作品。タイトルで思いっきりネタバレしていますので、ストーリーは推して知るべしでしょう。なお、ポスターの背景にエッフェル塔が見えますが、舞台はノルマンディー地方のルーアンで、パリはまったく関係ありません。フランス映画ってことを強調したかったのでしょうが、ウソはいけませんよウソは。

公開は1971年、私はまだ中学3年生でした。別にこの作品が観たかったわけではなくて、二本立てのうちのもう一本が目的で映画館に足を運んだのだと思います。当時は映画が一本だけで上映されることはなく、メジャーな作品にマイナーな作品を抱き合わせて上映されるのが普通でした。座席指定も入れ替え制もなかったので、朝イチで映画館に入って、館内で食事しつつ夕方まで過ごすこともできました。

で、一緒に観たメインの作品が何だったかも忘れさせるほど強烈な印象を残してくれたこの作品、残念なことにDVD化されておらず、ビデオの方も廃番になっています。主題歌を歌っていたのはシャルル・アズナブールなのに、1990年代にわが国でブームになったTVドラマ「高校教師」はこの作品がなかったら生まれなかっただろうに(この作品をパクッたんだと思います)、そんな重要な作品にもかかわらず、廃番とはひどいじゃありませんか。

数年前から街でレンタルビデオ屋を見つけるたびに置いてないかどうか訊いていましたが、ずっと空振りが続いていました。ごくたまにネットオークションに出品されても、探している人が多いせいか、とんでもない価格までハネ上がり、とても手が出ませんでした。ところが先日、千葉県のレンタルビデオ屋さんにあることを知りました。
http://k-plus.biz/?s=%E6%84%9B%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AB%E6%AD%BB%E3%81%99

早速借りて42年ぶりに鑑賞しましたが…
なんか、ところどころ重要なシーンがカットされている様子。
許せないのは、エンドロールが全てカットされていたこと。

本編が終わって、エンドロールのバックにシャルル・アズナブールの歌声が流れることにより、それまでのシーンがフラッシュバックしてきて、歌と共に心に残るという作品だったのに、意味ないでしょ、これじゃ。おそらく歌の版権やら何やら、大人の事情があったんでしょうけど、廃番になってもやむなしの扱いに、ほとほとあきれたのでした。

やっぱり昔の恋人には逢うべきじゃないんですね。幻滅したくなければ。


シャルル・アズナブールの歌う主題歌はこちら。


ケベックの歌姫イザベル・ブーレイのカバーも素晴らしい。

本家アズナブールを前にして堂々の熱唱。もうちょっと世界で評価されてもいいと思いますよ、彼女の才能。ララ・ファビアンに対してもそうですが、我が国はフランス語圏の女性シンガーに冷たいですね。そういえば、パトリシア・カースが7月に来日しますが、話題にもなってない。フランスを代表するシンガーなのに。



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ← よろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ウィンターズ・ボーン [映画(あ)行]

ウィンターズ・ボーン.jpg
満足度 ★★★★

涼しくなってきたし、そろそろ冬のズボン出さなきゃな。

冬のズボン
 ↓
ウィンター・ズボン
 ↓
ウィンターズ・ボーン

…なんてね。

今どきの若い人はズボンなんて言わないか。
パ・ン・ツ って言わなきゃ笑われそうだ。

アメリカ中部ミズーリ州の山奥にある閉鎖的な集落。住民のほとんどは親戚同士。耕作に適した土地はなく、生活は極めて貧しい。そのため、表向きには牧畜業を営んでいるが、裏では麻薬の密造で生計を立てている。

リー・ドーリーは、そんな村に住む17歳の少女。父親は麻薬密売の罪で警察に逮捕され、保釈中に行方をくらませてしまった。ある日、警官がやって来て、父親を翌週の裁判に出廷させなければ、保釈金の担保になっている家と土地を失うことになるぞ、と恫喝される。

母は心を病んでおり、父以外に稼ぎ手はいないので、毎日が食うや食わずの生活。幼い弟妹を学校に行かせてやることもできない。そんな状態で、どうやって父を捜し出せと言うのか?

父の消息を尋ねてまわる彼女に対し、村人は一様に口を固く閉ざし、会うことを避けようとする。彼女にはわかった。父は彼らによって消されたのだと。でも、それならそれで証拠を見せなきゃいけない。

極限状態に追い詰められた彼女は、村のタブーを犯して長老に直談判しようとするが…

年端も行かない娘にそこまでさせるか、と思いっきり暗い気持ちにさせてくれる作品。でも、スーパードライな描き方は、かえって小気味よい。主演を務めたジェニファー・ローレンスの熱演が際立っている。

いちおう家と土地を守ることはできたけど、リーが家族を養ってゆくためには、村人と同化して麻薬を作るしかないんだろうな、今回のことで一線を越えてしまったわけだし、そう思いながらぼんやりエンドクレジットを眺めていたら、キャストにシェリル・リーの名前を見つけて、ソファから転げ落ちそうになった。

「ツイン・ピークス」で、世界一美しい死体を演じた彼女が出てたなんて、まったく気がつかなかったぞ。まさか、あのきたないオカン? …なわけないよな、と慌ててDVDを戻しながらサーチ。よかった、あの役で。

ローラ・パーマー.jpg


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ← ポチッとしていただきますと励みになります。
にほんブログ村
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

アニマル・キングダム   @シネマ・クレール [映画(あ)行]

Animal Kingdom.jpg
満足度 ★★★

岡山にもやっと来てくれました、アニ・キンが。
やっぱり夏はこれでなくっちゃねえ…
Mirukin.jpg
そりゃ、ミル金だよ!
だいいち、ミルク金時なんて、岡山人しか知らねーよ!

じゃ、この人のこと?
Aniki.jpg
そりゃ、アニキだよ!

暑苦しいボケはこのくらいにしておいて、映画「アニマル・キングダム」のレヴューを。

あらすじ(公式サイトより) 80年代のメルボルン。母の突然死で、疎遠だった祖母ジャニーンの家に引き取られた17歳の少年ジョシュア。だが、その家に住む親族は皆、強盗や麻薬売買など凶悪犯罪で生計を立てており、ジャニーンはそれを黙認し、陰ですべてを仕切っていた。それまで平凡だが真面目に暮らしてきたジョシュアもしだいに悪の道に引き込まれていくが、警察の特別捜査班は彼を一家から引き離し、その証言で一家の一網打尽を狙う。やがて、対警察との憎悪と復讐の連鎖の中で追い詰められた一家はしだいに自滅の道をたどり、一家に関わる者たちも取り返しのつかない悲劇に巻き込まれていくのだった…。

冒頭、ソファに母と並んでテレビのクイズ番組を観ているジョシュア。なぜか彼の表情は無表情だ。隣に居る母は眠っているのか動かない。すると突然、慌ただしく救急隊が入ってきて、ナロキソンの注射をするが反応がない。それで、ヘロイン過剰摂取により母が命を落としたことを観客は知ることになる。実に巧みな演出で、この監督は上手いと思う。

この最初のシーンから、ただならぬ緊張感を漂わせ、祖母の率いる野獣の王国のごとき一家の本能むき出しの生き様をスーパードライに描いてゆく。そしてあのエンディング、実話ベースの話とわかっているだけに、どうしようもないやりきれなさが残る。自分の居場所を確保するためには、ああするしかなかったのか。

わかりきったことだが、いくら極悪非道の人間であろうと、母親にとっては可愛い息子であり、他の誰をおいても大切な存在なのだ。ポン・ジュノの「母なる証明」を思い出した。息子を庇うため自らも罪を犯し、荒涼とした草原で独り不気味に踊るあの母親に相通ずるものを感じたのだ。
Mother.jpg

ダークな場面には似つかわしくないエア・サプライの爽やかな歌声が、 かえって一家の恐ろしさを際立たせていた。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ← ポチッとしていただきますと励みになります。
にほんブログ村
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

宇宙人ポール   @シネマクレール [映画(あ)行]

宇宙人ポール.jpg
満足度 ★★★★★

これは文句なしに面白かった。随所に散りばめられた小ネタの数々が飽きることなく楽しませてくれる。

イギリス人のSF作家クライブとその相棒イラストレーターのグレアムは、全米最大のコミックイベントであるコミコンを訪れた後、アメリカのUFOスポットを巡る旅を楽しんでいた。ネバダ州のエリア51を通りかかった2人は、ポールと名乗る本物の宇宙人と遭遇する。

乗ってきたUFOの墜落によりアメリカの政府機関に60年以上も囚われ、これまでいろいろ情報提供してきたというポール。映画「未知との遭遇」の制作過程ではスピルバーグ監督にも助言をしたという。

長い間アメリカに居るおかげで英語が達者になり、タメ口で下ネタもバンバン話す異星人という設定がユニークだ。政府が自分の体を切り刻むんじゃないかと心配になって脱走して来たポールを故郷に帰すため、クライブとグレアムが奮闘することになる。

エリア51近くの店で "ALIEN ON BOARD(異星人が乗ってます)" というステッカーを買い、面白がってレンタカーに貼っていた彼らが、本当に異星人を乗せることになり慌てて剥がすところなんか、かなり可笑しい。

ホテルでのインド系(?)従業員との会話もシャレが効いている。
「男二人で旅行ですか?(もしかしてゲイ?)」
「エイリアン(異星人)に逢いに来たのさ。」
「ふーん、俺もエイリアン(外国人)だけど。」

ここで、スティングの "Englishman in New York" のサビが浮かんだが、さすがにベタ過ぎると思ったのか、映画では流れなかった。


その他にも、逃げたポールを追いかけてくるゾイル捜査官の名前に隠されたネタとか、彼のボスを演じているのがアノ方だったりとか、あちこちに小ネタが仕込んであって、わかる人にはとっても楽しめる仕様。

だから、「未知との遭遇」「E.T.」「エイリアン」を観ていることが最低限必要だ。できれば「MIB」「ブラインド・フューリー」「ロレンツォのオイル」も観ておくことが望ましい。

ネタの面白さもさることながら、音楽だってシャレていた。

80年代初頭を代表する名曲。エリック・ゲイル(g)、リチャード・ティー(key)、スティーヴ・ガッド(ds)、マーカス・ミラー(b)と、バックは最強の布陣だ。

そして嬉しいことに、こんな曲も。

トッド・ラングレンは70年代から既に宇宙人みたいだった。
大好きなこの曲を使ってくれたので、レヴューは満点だな。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ← ポチッとしていただきますと励みになります。
にほんブログ村
タグ:映画 感想
nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 映画(あ)行 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。