So-net無料ブログ作成
映画(や)行 ブログトップ

闇の列車、光の旅   @シネ・リーブル梅田 [映画(や)行]

闇の列車、光の旅.jpg
満足度 ★★★★☆

このヒリヒリした灼熱感は何だ?
出口の見えない閉塞感は何だ?
いつか、光は差すのだろうか?

今年は何故か「国境系」の映画が多い。
「フローズン・リバー」しかり、「クロッシング」しかり、いずれも貧しさから脱出するため国境を越えてゆく話だった。
この作品は、前記2作品に勝るとも劣らない傑作だと思う。

私の名前はサイラ。南米のホンジュラスっていう国に住んでるんだけど、日本のみんなは、何処にあるか多分知らないわよね。メキシコの南がグアテマラで、さらにその南なの。憶えておいて。

決して暮らしは楽ではないわ。パパは私がまだ幼い頃、アメリカに出稼ぎに行ったままで、何年も会えなかったの。もちろん不法入国、不法就労だったんだけど、それがとうとうバレてしまって、強制送還されてきたの。

でも、私たちにとって、パパをまたアメリカにこっそり送り出すしか、生きてゆく方法はないの。「一緒にアメリカに行って、あっちで暮らそう。」、パパはそう言うんだけど、最初はあまり気が進まなかった。でも、ここに居ても状況は変わらないし、叔父さんも付いて来てくれるって言うから、やっぱり行くことにしたの。

切符なんて買えないわ。貨物列車の屋根にこっそり上って、そこで何日も過ごすの。雨が降れば、みんなでビニールシートを広げてしのがなきゃならないし、寝る時は貨車の金具にベルトを縛り付けて、振り落とされないようにするのよ。まさに決死の旅路ね。

メキシコの途中で、私たちは最大のピンチに遭遇したの。突然、ギャング団が襲ってきて、お金を奪われたわ。それだけじゃなく、リーダーの男が私を暴行しようとしたの。もう逃げられない、と思った時、手下の男がなぜかリーダーを突き落として、助けてくれたの。

彼、カスペルって呼ばれてたけど、私のせいで組織から命を狙われるようになってしまったわ。悪い人じゃないのよ、生きるためにギャング団に入ってただけ。私を巻き込まないよう、こっそり列車から降りたんだけど、放っとけなくて、私も一緒に降りちゃった。

え~~~!! 降りるのかよ、そこで! と、つい声を上げそうになった。
はたして彼女はアメリカに着くことができるのか?本当にヒヤヒヤする。

語り口は淡々と、それでいて描写は非常にリアルだ。撮影に先立って、監督は一人で南米に出かけ、貨車の上で国境を越える人々と共に過ごしたそうだ。そういう体験がなければ、ここまで迫力のある作品にはならなかっただろう。

原題は " Sin(Without) Nombre(Name) " で、「名もなき人々」とでも訳すべきだろうか?

サイラたちの物語が決して特別なものではなく、南米の「名もなき人々」には日常的に起こっているということに、我々は気付かなくてはならないのだ。

本作のイグゼクティヴ・プロデューサーとして、ディエゴ・ルナとガエル・ガルシア・ベルナールがクレジットされている。実力派若手俳優として国際的に活躍するばかりか、良い作品と見るとプロデュースまでしてしまう彼らにも、賞賛の拍手を送りたい。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ← よろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ヤギと男と男と壁と   @シネ・リーブル梅田 [映画(や)行]

ヤギと男と男と壁と.jpg
満足度 ★☆

これは思いっきりハズレだった。

ジョージ・クルーニー、ユアン・マクレガー、ジェフ・ブリッジズ、ケヴィン・スペイシーという4大スターが共演する作品ということで、かなり期待は大きかったのだが、彼らの熱演にシナリオが完全に負けている。

素材が良くても、調理法が悪ければ、美味しい料理はできないのだ。

イラク戦争の取材に出かけた新聞記者ボブ(ユアン・マクレガー)は、アメリカ軍にかつてあったという超能力特殊部隊の元隊員リン(ジョージ・クルーニー)に出会う。彼らは「新地球軍」と呼ばれ、見つめるだけでヤギの心臓を止めたり、壁を通り抜けたりする訓練をおこなっていた。

リンは自らをジェダイ・ウォリアーと名乗り、ボブを相手にフォースを説く。

かつてオビ=ワン・ケノービを演じたユアンに、ジョージが真顔でフォースを説くのは確かに可笑しいが、その他の小ネタ同様、所詮は楽屋オチの域を出ず、退屈な展開に何度も睡魔に襲われた。

かろうじて興味を惹かれた部分を捜してみると、「アバター」で憎たらしいマイルズ大佐を演じたスティーヴン・ラングの、すっとぼけたマヌケ軍人ぶりが面白かったところと、ジョージ・クルーニーのロングヘアが意外に似合っていたところだろうか。

現代版「M*A*S*H」を狙ったのかもしれないが、これじゃお話にならないだろう。
MASH.jpg
朝鮮戦争に派遣された能天気な3人の軍医たちによるブラック・コメディ。
キーファー・サザーランドのお父さんドナルド・サザーランドが主演。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ← よろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
映画(や)行 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。